MENU

形の良いヒップにする方法

人それぞれお尻の形は異なりますが、ヒップが綺麗に上がっていると、下半身にメリハリがついてとてもスタイルが綺麗に見えるメリットがあります。

日本人の体型の特徴として、ヒップが平らな点がありますが、お尻が広がりやすく、四角い形になっている方にお奨めの方法があります。

お風呂に入るときに行える運動ですが、立った姿勢で片足を湯船に入れます。

そのまま足で円を描くようにまわしてください、水圧が程よい付加になり、お尻のたるみを解消する効果があります。

足を内側に回転させることで、太ももの内側の筋肉の運動になります。

お風呂に入って血行が良い状態ですと、運動の効果も高まり、脂肪燃焼もしやすくなるメリットがあります。

この運動をする前に、お風呂でまずマッサージを行い、脂肪をほぐしておくとよいでしょう。

回数は左右それぞれ10回行ってください。

この同じ要領で、プールの中で歩く運動も同様の効果を得ることが出来ます。

体重をかけずに出来るために、腰の負担もなく効率よく出来る運動です。

お風呂の後には下半身をよくマッサージしましょう。

特にふくらはぎはリンパに沿ってマッサージをすることで、むくみの解消になりますし、老廃物が排出されやすくなりますので、下半身の目立つ太ももやヒップにも効果的です。

体を温めることは、代謝をアップできますので、エクササイズをするときにはとても大切です。

疲れを取るためにもお風呂を利用して、使った筋肉をほぐすと良いでしょう。